豆知識

和紙襖紙

 本鳥の子

   本来は雁皮紙(がんびし)をさし、その風合いが鶏卵の殻の淡黄色に似ている

   無地の肌合いは雁皮独特の柔らかい光沢をもち、手漉き和紙で襖紙の代名詞ともいえる

   上質な鳥の子ほど紙の性質が強く、下地骨・下貼りなどには充分な配慮が必要

 

 鳥の子

   紗紙機を用いて漉く  

   紙材は様々で雁皮や三椏(みつまた)を使ったものから、パルプだけのものまである

   色数が豊富

 

 麻紙(まし)

 

   麻を紙料として漉いた和紙

   麻の繊維は長く今強靭のため、古来より重要な文書などに用いた

   紙表に美しい雲肌をつくれるため、無地としても用いる

 

 楮紙(こうぞし)

   楮を紙料として漉いた和紙

   和紙の中で最も強靭

 

 

 

 

お知らせ

歳末感謝セール

12月25日まで

介護保険住宅改修登録業者

営業時間

平日 08:30-18:00 

土  08:30-18:00

定休日

日曜日・祭日 (工場)

御見積の場合…日・祭日もお伺いいたします

お問い合わせ

TEL: 0979-22-1158

      0120-48-1126

FAX: 0979-22-1126

E-mail:

tsuchioka@plum.ocn.ne.jp

 

 

お問合わせはこちらから